京都の法律事務所。民事事件全般、家事事件、
商事事件、破産事件を取り扱っております。
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184
  1. 内容証明郵便が送られてきた

内容証明郵便が送られてきた

突然、普段見かけない郵便物が届いた。よく見ると、最後に「…書留内容証明郵便物として差し出したことを証明いたします。 ○○郵便局長」と書かれている。これが内容証明郵便です。 内容も通常の手紙などと異なって堅苦しい表現が使われており、いかにも重要そうなものに見えます。

 

では、内容証明郵便とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

内容証明郵便は、相手方に対して、どのような内容の手紙を、いつ出したのかを郵便局が証明してくれる郵便です。

したがって、内容証明郵便を使うのは、本来的には、後日争いが生じたときなどに備えて、相手方に対して、ある内容の手紙をいついつに出したということを証明するためです。

ですから、基本的には、内容証明郵便が届いたからといって、返事を出さなければならないわけではなく、また、返事を出さなかったからといって、それだけでそこに書かれている内容を認めたことにはなりません。

 

内容証明郵便は、本来的な目的以外にも、相手方に心理的な圧迫や不安を与えて要求を受け入れさせようとするような場合にもよく使われます。それまでに一度も内容証明郵便を受け取ったことの ない人が、初めて内容証明郵便を受け取った際にはそれだけで動揺するものです。その結果、応じなくてもよい相手方の要求に応えてしまうこともあるでしょう。

 

ただし、一定の期間内に返事を出すなどしなければ、法律上不利益を受ける場合がありますので注意が必要です。

 

まず、内容証明郵便を受け取ったら、その内容をよく読んで、相手方の主張や請求が何であるのかを的確に把握する必要があります。そして、その内容に応じて、慎重に行動することになります。

 

そのまま放置しておいても問題のない場合もありますが、内容によっては、一定期間内に返事を出したり、一定期間内にお金を支払うなどの行動に出なければ不利益を受けてしまう場合があります。 また、返事を出す場合には、その出した返事が相手方の証拠になってしまいますから、その内容をよく吟味する必要があります。

 

このように内容証明郵便が届いたというだけで、そんなに慌てふためく必要はありませんが、いくら読んでもその内容がよく分からなかったり、またどのように対応すればよいのか判断がつかないような場合には、法律上不利益を受けないために、速やかに弁護士に相談されることをお勧めします。

赤井・岡田法律事務所

075-257-6033

京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184 オクムラビル2階

事務所紹介・アクセスはこちら

お問い合わせ