京都の法律事務所。民事事件全般、家事事件、
商事事件、破産事件を取り扱っております。
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184
  1. 借金を支払えなくなった

借金を支払えなくなった

複数の金融業者等からの借金があり、何とか返済を続けてきたが、次第に借金額がふくらんでいき、どうがんばっても返済を続けることができなくなってしまった。

 

このような場合に考えられる手続としては、任意整理、自己破産、個人再生などの手続があります。代表的なこの3つについて簡単に説明します。

 

任意整理とは、各金融業者等と交渉して、返済金額や返済方法などを現状よりも有利にしてもらうための手続です。

 

自己破産とは、裁判所に申立をして、現在有しているお金に換えられる財産をお金に換えてもらって各金融業者等に平等に分配してもらい(これを破産手続といいます)、さらに残りの借金については支払義務を免除してもらう(これを免責手続といいます)ための手続です。

 

個人再生とは、裁判所に申立をして、借金の一部を分割で返済していくことを条件に借金を減額してもらうための手続です。

 

どの手続を選択するのが最もよいのかは、借金総額や有している財産、支払能力など様々な事情を考慮して慎重に決定する必要がありますので、一人で悩まずに、できるだけ早い段階で弁護士に相談されることをおすすめします。

赤井・岡田法律事務所

075-257-6033

京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184 オクムラビル2階

事務所紹介・アクセスはこちら

お問い合わせ